×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーファミDPP

更新日:2006年2月12日
※改造は自己責任の上でお願いします。コントローラが壊れようがPCが燃えようが責任は持てません。
とりあえず、パソコン用ゲームコントローラが欲しい場合、スーパーファミコンのコントローラーをDPP化するのが一番お手軽ではないでしょうか?改造自体は簡単なのですが、問題点はコントローラのケーブルを切断してしまう点です。あとマルチタップはやはり大きくて邪魔になったりするので、排他使用できるようにするのがいいかなと考えました。ゲームはやはり2Pであることが基本だと思います。検索すると既にマニアの方は5インチベイに収納できるタイプのものをきれいに作ってたりしているのでいいなーと思っていました。それと同じものではあまり意味はないので、今回、2P接続の小型化にこだわって作成してみました。

■ 回路図 ■
回路は〜SNESKEY作成支援のページ〜Psxpadを参考にスタンダード接続とマルチタップ接続どちらにも対応させました。また、電流不足になる可能性も考慮し、DCジャックを設けてUSBからも供給できるようにしています。


作成した基板
・スーファミのコネクタはジャンク品より入手
・動作安定のためCLKとDATAラインにシュミットトリガインバータ(74HC14)
・D-sub25の6〜9にダイオード保護


ケースに入れて完成


スタンダード接続はUSBパワーケーブルを挿さなくてもほとんどのパソコンで動作すると思います。

マルチタップ接続でコントローラを4本挿しする場合はUSBパワーケーブルを使用してください。

■ 販売 ■
販売台数:3個(終了)
価格:1,800円(付属品USBパワーケーブル/送料別)
■ 番外編 ■
ファミコンDPP